更年期障害とサヨナラ|イライラから開放されよう

近年増加している病気

女性

自律神経失調症とは心臓や胃腸などの自動的な活動を調節する自律神経が乱れることによって引き起こされる病気です。動悸やめまい、冷え性、息切れなど様々な症状があり、薬物やカウンセリングによってストレスを失くすことが主な治療法となります。

良いところとは

病院

平野区の病院に行くのなら、良い先生がいるところが望ましいですが、院内が混んでいるのか否かで判断するのは避けておきたいです。肝心なのは先生の対応で、基本的なことをしっかりやってくれるなら良いですし、加えて看護師さんが親切ならそこにお願いしてみましょう。

更年期に多く見られる症状

早めの対策が悪化を防ぎます。更年期障害のことなら、正しい症状の知識と改善方法を実践すれば乗り切ることができます。

病院でのホルモン補充療法

相談

更年期障害の診断や治療は、内科や婦人科で受けられます。更年期障害に悩む人の多くは女性で、とくに40〜50代の閉経前後の女性に多く見られます。更年期障害の症状をさまざまなサプリメントや健康食品に頼って改善しようと試みる人は少なくありません。確かに軽い症状であったり予防の目的では十分に効果を得ることができますが、重い症状の場合は病院やクリニックを受診することで不快症状を改善することができます。内科や婦人科を受診すると、簡単な検査によって病気の診断をおこないます。更年期障害の場合は、ホルモン補充療法や漢方薬での治療がおこなわれます。効果が大きいホルモン補充療法は、病院やクリニックでしか受けることができません。

更年期に悩む人の割合増加

高齢化社会が進む中で、今後更年期障害に悩む人の割合は高くなると考えられています。更年期障害は、女性ホルモンの分泌が不足することによって起こります。女性の身体は、40後半50代にかけて閉経するのが一般的です。女性の身体はさまざまな節目でホルモンのバランスが変わります。初潮から始まり、毎月の月経・妊娠・出産・閉経など個人差はありますが、これらの時期はホルモンのバランスが乱れやすいことがわかっています。更年期障害は、病院やクリニックで治療を受けることができます。また、普段からの食事や運動によってある程度症状を予防することが可能です。ホルモンバランスを保つために、女性ホルモンであるエストロゲンとよく似た大豆イソフラボンを意識的に摂取することは予防効果が期待できます。

Menu

問い合わせをする

医者

新宿には内科の他にアレルギー科や皮膚科など標榜している病院があります。なので、複数の病院にかかる場合には、一つの病院で診察をするといいでしょう。また受診の前には、症状やドクターへの質問内容などを控えておくことで、診察時に役に立ちます。