更年期障害とサヨナラ|イライラから開放されよう

問い合わせをする

利用の仕方

医者

新宿の内科には、内科のほかにも、アレルギー科や、外科や皮膚科などを標榜をしている事があります。これは、ドクターが専門におこなっている治療が複数あったり、他にも担当の先生がいる場合もあります。なので、新宿の病院で複数の診療科にかかりたいという場合は効率的に受診ができます。新宿にある別々の病院を診察をすると、待ち時間があり、診察をしてからお会計をします。また処方箋があれば、調剤薬局でお薬をもらいます。そして、もう一箇所の病院へと同じように受診が必要になります。しかし、複数の診療科を標榜をしていることで、同時に診察をしたり、別の先生が担当でもさほど待つ事もありません。そして、お会計の際にもお得です。もし、それぞれの処方箋が発行してあっても、その発行料だけかかりますが、初診料や再診料はどちらか一方だけで算定します。

受診の前に行なうこと

新宿の内科にかかる前に行なっておくことがあります。それは、診療している日と時間を確かめましょう。特に水曜日と日曜日は、クリニックの場合は、お休みをしています。またごく稀ですが、ドクターの学会や研修等で突然休診日になることがあります。訪れてからまた別の内科の病院を探すのも手間ですので、先に調べてから受診をしましょう。またどんな症状があったかメモをしておくといいでしょう。そうすることで、問診の際にもドクターも理解ができます。またドクターに質問したいことも控えておくのもいいでしょう。少しに診察の時間にドクターが判断をするので、限られた時間を有効に活用してみるといいでしょう。また、受診の際には、病院によっては待つ時間が長い事もありますので、本などを持参していくといいです。